奈良で行政書士に相続業務を依頼するとしたら?

行政書士ユウ法務事務所

050-3698-1344

〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号

[ 営業時間 ] 9:30~18:30 [ 定休日 ] 土日祝

lvイメージ

奈良で行政書士に相続業務を依頼するとしたら?

相続業務,ユウ法務事務所のコラム

2018/02/26 奈良で行政書士に相続業務を依頼するとしたら?

奈良で行政書士に相続手続きを依頼するとしたら行政書士ユウ法務事務所へご相談ください!

相談するご年配の夫婦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良で行政書士に相続を依頼されるために

先日、奈良県行政書士会主催の「相続の理論と実務手続き」に関する法定業務研修を受講してきました。

非常に濃い内容の講義でしたので、その中について触れながら相続業務についてこの機会に解説させていただきたいと思います。

 

奈良の行政書士会では、依頼者様に適切なサービスを提供するために、日々研修が開催されております。

相続業務は行政書士にとっても基幹業務の一つですので、奈良で相続にお困りの場合には我々行政書士等の専門家にお気軽にご相談いただきたいと思っております。

 

それでは、以下の内容もご確認いただいて、整理を行っていきたいと思います。

 

相続業務の流れ

行政書士の相続業務の主な流れとしては、事前対策としての遺言書作成と死後手続きとしての遺産分割協議書があります。

これらがイメージとして大きな内容になってきます。

 

細かいことをもう少し事前手続きが必要ですが、ややこしくなるので省略します。

お問い合わせいただければこちらについては回答させていただきたいと思います。

 

このうち、今回は事前手続きとしての遺言について少し触れたいと思います。

 

遺言手続きの注意点

遺言手続きについて、遺言書する場合には3つのパターンが考えられます。

(1)公正証書遺言

(2)秘密証書遺言

(3)自筆証書遺言

 

このうち、どれか一つくらいは聞いたことはありますよね?

それぞれの遺言書にメリット・デメリットがあります。

 

この辺りの検討についてもできれば、専門家と一緒に検討をしていただきたいところです。

さて、遺言書を一般の方が本等をみながら作成されると「遺留分」と呼ばれる制度を無視して

作成される場合があるということです。

遺留分とは、残された相続人の生活を保障するために一定の相続人に留保される相続分をいいます。

 

この遺留分については、しっかりと把握をしておきませんと、せっかく苦労して作った遺言書の内容が最悪台無しになってしまうことも考えられます。

 

遺留分をきっちりと計算して相続人に適切に財産を分けられるようにしたいですね。

相続業務についてもう少し知りたい方は・・・

 

以下、参考までに私が過去に執筆したブログです。

1件目が法定相続情報証明制度について、2件目が生前の相続手続きについて、

3件目が終活について、4件目は戸籍等の収集についてです。

 

奈良県の行政書士より~法定相続情報証明制度とは?~

http://gyouhoum.com/blog/2502/
(2件目)
http://gyouhoum.com/blog/2475/
(3件目)
http://gyouhoum.com/blog/2494/
(4件目)
奈良の行政書士に相続を依頼するなら、お問い合わせは行政書士ユウ法務事務所へ
お問い合わせはお気軽に
————————————————————————————————–
事務所名 行政書士ユウ法務事務所
所在地 【〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号】
電話番号 【050-3698-1344】
FAX  【0742-90-1344】
営業時間 【9:30~18:30】
定休日 【土日祝】
E-mail 【info@gyouhoum.com】
URL  【http://gyouhoum.com/】
————————————————————————————————–

TOP