深夜酒類提供飲食店~奈良の行政書士より~ 

行政書士ユウ法務事務所

050-3698-1344

〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号

[ 営業時間 ] 9:30~18:30 [ 定休日 ] 土日祝

lvイメージ

深夜酒類提供飲食店~奈良の行政書士より~ 

許認可等申請業務,ユウ法務事務所のコラム

2018/03/05 深夜酒類提供飲食店~奈良の行政書士より~ 

奈良県奈良市の行政書士ユウ法務事務所の木村友紀です。

先日、深夜営業の手続きについてお問い合わせをいただきましたので、今回標題の通り書かせて頂こうと思います。

深夜酒類提供飲食店営業とは?

ではまず、深夜酒類提供飲食店営業っていったい何なのか?

深夜にお店をしているとすべての事業者が何か手続きをしないといけないのか?

この辺りについて説明させていただきたいと思います。

 

深夜酒類提供飲食店の営業といいますのは、午前0時より日の出の間にお酒等を販売される飲食店の営業を意味します。例えば、バーや居酒屋さんなどがあるかと思います。

ということは、逆に申しますと、ラーメン屋さんやお酒を全く出さないレストランなどはここから外れるというわけですね。

 

 

必要書類

本手続きについて必要な書類は以下の通りです。

 

1.深夜酒類提供飲食店営業開始届

2.営業の方法

3.定款(法人の場合)

4.登記簿謄本(法人の場合)

5.役員一覧(法人の場合)

6.住民票

7.各種図面(求積図、配置図、照明図、音響図など)

8.賃貸借契約書

9.地図

10.用途地域証明

11.誓約書

12.飲食店営業許可証

13.メニューの写し

(14.委任状)

 

この中でも、意外に盲点なのが、用途地域ですね。

実は、どこでも開業できるわけではないのです。

きちんとあらかじめ開業できるエリアが決まっているということですね。

ということは、物件探しの段階から、できればご相談いただければ助かります。。。

後から、「実はここダメですよ」なんてことになると後から大変です!

 

ただし、年度又はご事情に応じて提出書類が変動する場合がございます。

不安な方は行政書士等の専門家にご相談されることをお勧め致します。

 

許可が必要な場合も?

 

さて、必要書類の12.に記載しましたが、場合によっては深夜酒類提供飲食店営業には、許可が問題となることもございます。

 

といいますのは、風俗営業許可を取得されている事業者様はこの深夜酒類提供飲食店営業許可を届け出ることはできないことになっているためです。

両者は矛盾する要件を抱えています。深夜酒類提供飲食店営業許可の要件では、女性の接待が出来ないことになっているのです。

 

一方では、接待に該当しなければ、ガールズバーなどの酒類提供飲食店もこの深夜酒類提供飲食店営業届けで済むことになるということです。

この辺やややこしいですね。

 

しかしながら、一般的な接待等の行為をする風俗営業とは同種にならないように、提出書類も内容をきちんと記載しなければいけないことになっています。

許認可申請業務ページへ飛ぶサイドバナー

 

 

 

まとめ

ここまでご理解いただけましたでしょうか?

深夜酒類提供飲食店営業届は、届け出をしたのち、10日経過しないと営業を開始できないことになっていますので、もしこのような事業をご検討の場合は、早い目に行政書士等の専門家に依頼されるのが良いでしょう。

 

ところで、最近厚生労働省の通達等により、飲食店営業許可の必要書類の変動に関する情報が回ってきました。

また近くなったら、お知らせできればと考えております。

 

以上、何かご不明な点がございましたら奈良県奈良市の行政書士ユウ法務事務所までお気軽にお問合せ頂ければと思います。
お問い合わせはお気軽に

 

 

————————————————————————————————–
事務所名 行政書士ユウ法務事務所
所在地 【〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号】
電話番号 【050-3698-1344】
FAX  【0742-90-1344】
営業時間 【9:30~18:30】
定休日 【土日祝】
E-mail 【info@gyouhoum.com】
URL  【http://gyouhoum.com/】
————————————————————————————————–

TOP