WEBサービスを始めるときは利用規約を作成しましょう~奈良の行政書士より~

行政書士ユウ法務事務所

050-3698-1344

〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号

[ 営業時間 ] 9:30~18:30 [ 定休日 ] 土日祝

lvイメージ

WEBサービスを始めるときは利用規約を作成しましょう~奈良の行政書士より~

ユウ法務事務所のコラム

2020/09/29 WEBサービスを始めるときは利用規約を作成しましょう~奈良の行政書士より~

奈良県奈良市の行政書士ユウ法務事務所の木村友紀です。

今回は、WEBサービスを始めるときに用意しておくべき利用規約について、取り上げたいと思います。

ウィズコロナ時代のWebサービス

書類を見せて説明する男性の手

 

最近はウィズコロナということで、対面での対応方法も従来通りとはいかないようになってしまい、ビジネスのやり方も今までとは少し違った方法で行うことを模索される方も多くなってきているように思います。そんな中で、ホームページで積極的に宣伝を行ったり、Webアプリケーションを作ってみたりと様々なWebサービスを始めたいとお考えの方も多くなってきたように思います。

 

ここで、Webサービスの特徴というのは、通常の対面でのビジネス取引とはどのような点において異なるといえるのでしょうか?ぱっと思いつくもので言いますと、不動産取引があります。不動産取引をご経験された方もそうでない方もなんとなく、不動産取引の場面では、不動産の業者が多くの書面の説明をして、不動産の買主がそれにサインをしていくという流れを想像できるのではないでしょうか?

仲介業者がいないという単純なモデルで考えますと、基本的には対面ビジネスでは、ある人とある人との契約が行われます。他の例では、マッサージもそうですよね。マッサージの施術を受けようとする人がマッサージを施術する技術を受ける人と契約して(この場合、実際にはきちんとした書面に残さないこともあるかもしれませんが)、サービス提供が行われます。このように一対一の関係で考えることができるのがいわゆるアナログ的な取引関係です。

Webサービスの特徴と利用規約の必要性

ペン先

 

一方で、デジタルの世界では、そのような一回一回取引ごとに契約行為を結んでいては効率性が損なわれてしまいますので、そのようなことは行われません。その代わりに、利用規約を作成して、それを利用者(ユーザーといわれることもあります)に対して公開し、当該Webサービス上の法的取り扱いについてうかがい知ることができます。前述のように、一対一の取引関係の場合には、契約書の条項にリスクやトラブルが生じた場合の対応法について記述があるものですが、一 対 N(複数名)の取引関係になりうるWebサービスの場合には、利用規約が設けられていないと、そうしたリスクやトラブルが生じたときにうまく対処することができません。

 

もしもWebサービスを始めようと思っていたり、既に始めている方でも利用規約を作成していないという方は、きちんとした利用規約を作成することをおススメします。なお、利用規約などのWeb関係の法的ルールについては、行政書士ユウ法務事務所でも対応させて頂いておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お問い合わせ

ファイルを持っている男性

facebook%e3%83%ad%e3%82%b4

 

 

 

 

↑事務所のFacebookページです。ご登録頂ければ、以後のお知らせをご連絡させていただきますのでよろしくお願い致します。

 

友だち追加

 

↑LINEからも直接ご相談いただけます。

宜しければご利用いただければと思います。

 

以上につき、何かご不明な点がございましたら、奈良県奈良市の行政書士ユウ法務事務所までお問い合わせいただければと思います。

お問い合わせはお気軽に

 

 

————————————————————————————————–
事務所名 行政書士ユウ法務事務所
所在地 【〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号】
電話番号 【050-3698-1344】
FAX  【0742-90-1344】
営業時間 【9:30~18:30】
定休日 【土日祝】
E-mail 【info@gyouhoum.com】
URL  【http://gyouhoum.com/】
————————————————————————————————–

TOP