相続関係業務

行政書士ユウ法務事務所

050-3698-1344

〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2 ホワイトパレス21 401号

[ 営業時間 ] 9:30~18:30 [ 定休日 ] 土日祝

lvイメージ

相続関係業務

行政書士なら奈良の
行政書士ユウ法務事務所の
相続関係業務

相続関係業務の内容について

肩を組むご年配の夫婦

遺産の相続には大変な労力がかかってしまいます。
故人を亡くされて力を落とされている時に、せわしなく書類業務や協議などをこなさなくてはなりません。
ですので、プロに任せられるところは任せてしまうことをおすすめいたします。
奈良の行政書士ユウ法務事務所では、相続関係に詳しい行政書士が、お客様の相続をお手伝いさせていただきます。

例えば故人の何枚にも及ぶ戸籍や相続人の謄本を収集する「戸籍取得代行」、スムーズな遺産の相続のためには必要不可欠ながら、正しく作成しないと威力を発揮できない「遺言書作成」のお手伝い、遺産分割協議での決定を揺るぎないものにするための「遺産分割協議書作成」など、あらゆる角度から相続をサポートいたします。
また、「成年後見業務」にも携わらせていただいております。

戸籍取得代行

女性の後ろにご両親

戸籍を取得するのには大変な手間がかかります。
相続人を確定するためには、亡くなられた方が生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍を集めなければなりません。
相続人に抜けがあると遺産分割協議が無効となりますので、この戸籍集めはとても大事です。
しかし出生から死亡までの戸籍は平均で5,6通ほどにもなりますし、さらに相続人の戸籍謄本も必要になりますので、「何度役所に行っても戸籍が揃わない」といったことが起こり得ます。

当事務所ではこのように面倒な戸籍の収集作業を代行させていただき、他にも相続人の調査や相続関係の説明図・遺産分割協議書の作成などを、まとめて代行することも可能です。
戸籍取得でお困りの際はぜひご相談ください。

遺言書作成

書類を持っているご年配の夫婦

遺言書の作成もお手伝いさせていただきます。
相続時のトラブルを防ぐためには、遺言を作成しておくことがかなり有効な手段となります。
しかし、遺言は法律で決められた要件を満たしていなければ遺言としての効力を発揮できないばかりか、遺言のあいまいな内容のせいで余計なトラブルを招いてしまうこともあり得るのです。
そこで当事務所の行政書士が、相続業務の専門家として遺言の作成業務を行なわせていただきます。

遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の三つの種類があり、それぞれ特徴が異なりますので、お客様のご都合に合わせて作成をさせていただきます。
遺言書を作りたいとお考えの際はぜひお問い合わせください。

遺産分割協議書作成

見つめあうご年配の夫婦

相続の際に遺言書がない場合は、遺産分割協議をすることにとって法定相続分を変更できます。
ただし遺言がある場合でも、遺言執行者がいなければ、受遺者と相続人全員の同意があれば、遺言とは異なる遺産分割協議をすることも可能です。
戸籍謄本などを確認し、相続人が確定できたら「相続関係図」を作っておくと良いでしょう。
その後、遺産分割の協議に入ります。

相続人が全員で協議してそれぞれの相続分が確定したら、後でトラブルにならないように遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は作成義務こそありませんが、相続税の申告の際には添付することが求められます。
遺産分割協議書の作成も当事務所におまかせください。

成年後見業務

車いすの足元

成年後見制度とは、高齢者の中でも判断能力が不十分だったり、知的障害や精神障害があるため自身での財産の管理が難しいという方を対象として、家庭裁判所で代理人を選び、本人の代わりに財産管理を行ない、本人の権利や財産を守ることを目的とした制度です。
この代理人のことを“成年後見人”と呼びます。

平成17年5月の埼玉県富士見市でのリフォーム詐欺事件をきっかけとして、障害者や高齢者の方々の権利を擁護するためには、成年後見制度が友好的であるとマスコミ等で紹介され、平成17年6月に成立した改正介護保険法において、権利擁護事業が必須事業とされたことで、成年後見制度が社会的に注目されるようになってきました。

当事務所でもこの成年後見人の業務にあたらせていただいております。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒630-8131 奈良県奈良市大森町43-2
ホワイトパレス21 401号
[ 営業時間 ] 9:30~18:30 [ 定休日 ] 土日祝

050-3698-1344

法律に関する書物を持っている男性

TOP